本文へスキップ

雰囲気はアットホームでリーズナブル
四季折々の山岳飛行 

クラブ紹介

韮崎市航空協会は、航空スポーツの普及振興をはかり、正しい航空知識及び技術の習得を通して、良識ある社会人として郷土の発展に寄与することを目的に、平成元年9月16日に設立されました。
平成17年7月には、NPO法人となり、新しい一歩を踏み出しました。

NPO法人韮崎市航空協会の詳細

代表者 三枝久
事務所 〒407-0022
山梨県韮崎市水神二丁目10番20号
活動の目的 航空スポーツ活動を行おうとする者に対し、航空スポーツに関する事業を行い、正しい航空知識及び技術の習得を通して、地域の航空スポーツ活動の振興と、郷土の発展に寄与することを目的とする。
 活動の種類 ・社会教育の推進を図る活動
・学術、文化、芸術またはスポーツの振興を図る活動
 特定非営利活動に係る事業 1.航空スポーツに関する研究会及び講習会
2.航空スポーツ及び航空知識の啓蒙普及活動
3.その他この法人の目的を達するために必要な事業
 その他の事業 1.航空関係物品の管理受託事業
 設立認証年月日 2005/07/07
 法人成立年月日 2005/07/19

使用機体

複座機/シャイベ式SF34b型 JA2446 「鳳凰(ほうおう)」 平成27年まで活躍した機体です。
モーターグライダーの"ファルケ"で知られるドイツのメーカー・シャイベで製作された FRP(強化樹脂プラスチック)製の複座機。操縦しやすく安全な設計で、初心者でも乗りやすく、またソアリングでも性能を発揮します。2002年現在、日 本では2機しかない珍しい機体で、平成元年・竹下内閣の「ふるさと創生事業」の一環として、韮崎市が購入しました。SF34bは現在、フランスのメー カー・SN Centrair社との共同製作で「Alliance34」という名前に変わり、ヨーロッパのクラブでよく利用されています。
翼幅:15.8m、アスペクト比:16.9、翼面積:14.8mm 、最良滑空比:34、最良滑空速度:95km/h



単座機/SZD48-1 JantarStd2 JA2260「ちょうげんぼう」
The SZD-48 Jantar Standard 2 is a Standard Class glider that was designed and produced in Poland starting in 1977. The SZD-48-1 Jantar Standard 2 with small refinements including replacing the ventilation flaps with a single flap on the underside in front of the launch hook. First flight of the SZD-48-1 took place at Bielsko on 18 September 1978 again flown by January Roman, production of 285 SZD-48-1s followed.
翼幅:15m、アスペクト比:21.1、翼面積:10.66 mm 、最良滑空比:38、最良滑空速度:95km/h


複座機/LET式L-23型 JA2478 日本航空学園様からお借りしている機体です。
The Super Blaník is an improved version of the original LET L-13 Blanik, and is somewhat roomier in front. Differences include a swept fin and a T-tail. To save weight, the new wings were made without flaps, which were rarely used. While flaps were eliminated, airbrakes are still included on the L-23. The airbrakes open on both the top and the bottom of each wing. LET also moved the tailplane to the top of the vertical stabilizer for better protection in case of outlanding. It has a new instrument suite and a new two-piece canopy (with different framing from that on the original L-13) to improve vision.
翼幅:16.2m、アスペクト比:13.7、翼面積:19.15mm 、最良滑空比:28、最良滑空速度:90km/h



単座機/G-102 Club Astir IIIB JA2319「Neera(仮称)」
The G-102 Club Astir IIIB is a single seat glassfibre Standard Class sailplane, designed by Burkhart Grob and built by Grob. It was the first Grob-designed sailplane, with the first flight in December 1974. (Grob had previously built the Schempp-Hirth Standard Cirrus under licence.)
As with the previous models, the club version of Astir III is delivered without tanks for water ballast and retractable landing gear. Compared to Club Astir III,Club Astir IIIb has an additional nose wheel.
翼幅:15m、アスペクト比:18.2、翼面積:12.4 mm 、最良滑空比:36、最良滑空速度:92km/h


NPO法人韮崎市航空協会

〒407-0022
山梨県韮崎市水神二丁目10番20号

TEL 090-4629-5390